庚年は坤宮に貴人窠會の吉方位が回ります。

2021年2月26日

ところで、来月は庚年の癸未月で、コロナウィスルも梅雨になっても納まる兆しがなく、まだまだ終息しておりませんが、2020年7月は、10年に4回の吉方位が回って来ますので、方位取りは、別に人ゴミに出るわけではないので、是非吉方位を取って下さい。(ただ電車移動は気を付けて下さい)。
尚、この方位は、7月の坤方位(西南方位)には、干支を回すと己丑が回るので、貴人窠會(陰陽大會)となり、大吉方位となります。そしてこの方位がうれしいのは、誰にでも良い方位で、ちょっとやそっとの悪煞は関係ないという方位が回ってきます。つまり、日で悪い方位であっても関係ないし、他の命の違う人と一緒に行っても福が取れるということです。これが良いのです。ただ、この方位は気学をしている方にはわからない方位です。干支九星、それも郭氏元経を読まないとわかりません。(解説本の宣伝です!まだ購入していない方は、これを機会に購入してみて下さい。)

因みに、貴人窠會は、甲、戊、庚日時に取ると良いので、10日(日破)、14日、16日、20日、24日、26日、30日 8/3日、8/5日となります。しかしまだ日の九星は、安定していない時期なので、余り考えなくて良いかもしれません。しかしちょっとやそっとの凶神は関係なく、福を発するというのですから、お好きは日を選んで使って下さい。また、都合が合わない人は日は無視してもかまいません。月盤の方位を取って下さい。神社でも言って良い気を体にためて来て、今年後半もコロナに負けずに、元気に乗り切りましょう。