AU通信障害

今回は、2022年7月2日に発生して7月5日くらいまで大変な通信障害が発生して、かなりの人が迷惑されたと思いますが、これだけの大規模障害ですので、原因はともかくとして災害と同じく何かしら暦の上に出ているのか?ということでデストロイヤ気学の動画とのコラボ企画としてAU通信障害を干支九星で取り上げたいと思います。

まず、AUブランドの会社がいつ設立したのか?ということがイマイチ良くわからないので、とりあえずDDI、KDD、IDOが合併、株式会社ディーディーアイ (KDDI) 発足したのが2000年10月1日ですので、それをAUの設立年月日としますので、
命式は、庚辰9 乙酉7 壬辰2
となります。

すると、流年法で見るとAU通信障害が起きた日が2022年7月2日ですから、21年9ケ月目となりますので、20年21ケ月となりますから、
流年は坤宮で戌6-卯4―未8ア、
流月は艮宮で未3-子1―戌5

となり、丁度、流年と流月の対冲期に入ったばかりの時で大変化の時となります。

そこでこの星を読むと、流月の三碧は(電波)、一白は(見通し立たず、落ちる)、五黄は(障害)ですから、電波ダウンによる障害→通信障害がそのまんま出ています。また、流年も坤宮にいるので、年盤の十二支が戌で発足年の辰と冲となっており、月盤の十二支も卯で発足月の酉と冲していて、日盤では暗剣殺が付くので、会社自体が運気的に大変苦しい時期であることがわかります。

流年の六白は(充実)、四緑は(通信)、八白暗剣殺は(接続がダメ)とすると、通信が満杯になって接続がダメになったのではないかと取れます。
ただ、会社の環境としては年盤六白なので、忙しいし、気位が高くなってはいますが、儲かっており、業界トップを目指して頑張っていく環境ですし、月盤四緑なので信用もされる様な動きをしていた様です。
それが、今回の通信障害で一挙に日盤八白暗剣殺で悪い方に変化してしまうのではないでしょうか?


また今度は、これだけ大きな事故ですから、今年の年月盤で見ますが、通信障害が発生したのが7月2日ですから、6月節の盤で見ます。
AUは、上で書いた通り、本命九紫ですから、この月は兌宮にいて暗剣殺が付いています。
だから、AU自体は運気的には悪い月で、その最後で事象が出た様です。
では、この年月盤がらどの様に今回の通信障害を読むか?ですが、

この月の対冲星は、六白ですから、月盤六白は年盤四緑に掛かっていますので、六白は(大会社)、四緑は(通信)、また、年盤六白は月盤八白に掛かっていますので、六白は(会社、社長)、八白は(変化)となると、今月のトラブルが原因でAU自体が、かなり変わるのか?と読み取れます。

実際に記者会見の社長の対応は、自分も被害者という様な意識が強く見られ、どこか他人事で利用者のための会見というよりも自分達の言い訳という感じにしか見られなかったので、六白の気位が高いというところが出ていたと思います。

また、今年の盤で見ると、十二支で星が本体の定位にある星は、申、午、
定位対冲にある星は、酉、戌です。

今年は、この星の事象がどちらかと言うと出やすいです。
その内、定位対冲の星の年盤の酉には三碧が乗り、月盤五黄が掛かりますので、これで、完全な電波障害となりますので、今回はこれが強く出たことになります。
また、定位対冲の年盤戌には四緑が乗り、月盤六白が掛かるので、六白の大きな会社も四緑でかなり右往左往している状態です。

そして、定位の年盤の午には九紫が乗り、月盤の二黒が掛かるので、二黒の国民は九紫で怒っています。
また、定位の年盤の申には二黒歳破が乗り、月盤四緑が掛かるので、二黒歳破で仕事自体が的外れだし、やってはいけない事をやってしまったために、長引いたし、信頼を失く様なことになったのではないかとなります。

こう見ると、なんだかんだ、そのまんま星の事象が出ています。
そして、どうして今月出たのか?という点については、まだこの見方が良いがどうかわかりませんが、一応仮説を上げて置きますと、年盤でAUの本命九紫は午が掛かりますので、午月に出たと見るか、
AUの十二支本命辰が年盤兌宮で七赤に掛かるので、七赤の月に出たと見るか
どちらにしても、偶然かもしれませんが、今月出だというのは、こんなところから見ることが出来るのではないでしょうか?
まあ、ザッとこんなもんです。

公式LINE 友達ボタン

友だち追加