暗剣殺はどうして凶殺なのか

2020年11月17日

皆さんが良く知っている、暗剣殺は、凶殺として知られています。では、どうして凶殺なのでしょうか?

1.九星が中宮に入ってしまったため、中宮に入った九星の定位(本来あるべき場所)が留守になり、空っぽになっているので、凶であるというもの。(これが一番スタンダードです)

2.対冲に五黄殺が来るので、その五黄殺の土気を浴びて凶となるというもの。(これが気学で教える暗剣殺です。)

3.暗剣殺の九星で、一白、四緑、七赤が暗剣殺になる場合は、その定位に必ず八白が入り、陽土の影響を受ける。また、三碧、六白、九紫が暗剣殺になる場合は、必ずその定位に二黒が入り、陰土の影響を受ける。また、二黒、八白が暗剣殺になる場合は、必ずその定位に五黄が入り、土の影響を受ける。

つまり、暗剣殺は、九星が中宮に入ってしまった為、中宮星が本来いるべき場所の定位が留守になってしまい、そこに暗剣殺という泥棒が入り、対冲の五黄殺の土気の作用と、暗剣殺の九星の定位に入る土気の作用をダブルで受けるので凶となります。
そして、干支九星で言えば、暗剣殺の十二支は寅、未、申、亥しかなく、9年周期、9ケ月周期で変わって行きます。(これが暗剣殺の正体です。)