香川照之のわいせつ事件について

2022年9月10日

まず、この事件は2019年7月に発生しており、本人他3名で銀座クラブに飲みに行ってホステスの胸を直に触り、ブラジャーを剥ぎ取って仲間内で匂いを嗅いで、且つ携帯電話でそれを夏の若手歌舞伎俳優に見せたのと、店のママの頭もグチャグチャにしたと言うものですが、この件は、ホステスの方がPTSD(心的外傷後ストレス障害)になり、ママを訴えたが、其の後示談が成立し、表には出ていなかったものです。

これについて、示談が成立しているのだから、今更事件を蒸し返すのはおかしいとか、銀座は高い金を払って遊ぶところなので、その中で行われた事が外に出たら安心して遊べないなど色々な意見がありますが、やってはいけない事は、やってはいけない事なので、例え示談が済んで和解したとしても、香川照之のした事は絶対に許される事ではありません。
ものには限度と言うものがあります。
それに、この様な事件が明るみに出てしまえば、香川照之の表のイメージを使っている企業は自社のイメージの代表として起用しているので手を引くのも無理はないことです。
手を引かなければ、その企業もこの行為に加担していると取られかねないからです。
だから、当たり前のことです。
ただ、今回はそういった点は、正直一切どうでも良く、この人がどういう人なのか、そして、この事件が生年月日で読み取れるのか、という点についてだけ書いています。
ただ、今の時代は、芸能人について、この様な記事を書くと、許可も無く勝手に書いてるとの批判のありますが、あくまで、九星や干支の事象と取り方の具体的事例として干支九星を勉強する方々の勉強材料として掲載しておりますので、その点悪意がある訳でもありませんのでご容赦下さい。

ではこの人が一体どの様な人なのか?
流年法でこの様な事態が読み取れるのか?について事後ではありますが、検証してみたいと思います。
まず生年月日ですが、
1965年12月7日生  乙巳8 戊子1 乙未2 解神午
です。
そして、生年月日盤は以下の通りです。

この人は、
震宮傾斜 外面 6ー⑧ー9
巽宮傾斜 内面 7-9ー①

となります。
この内、この人の外面は、震宮傾斜 6ー⑧ー9を見るので、
この日盤九紫を勉強、年盤六白をトップとすると、文字通りこの人は、勉強を頑張って東京大学を卒業しています。
そして、六白は、几帳面で自尊心が強く、負けず嫌いであることが伺えますし、九紫もプライドが高い星です。
また、震宮傾斜ですから行動的、新しい物に対して好奇心が強いですが、直情傾向にあり、猪突猛進タイプでもあります。

一方、この人の内面は、巽宮傾斜 7-9ー①を見るので、
年盤七赤の贅沢、我がまま、遊び好きで、月盤九紫の熱しやすくて、冷めやすいところがありますが、頭は良くおしゃれで、華やかなものを好み、モテる人です。
そして、巽宮傾斜なので、社交性もあり、世間に出て行く力もありますが優柔不断がところも持ち合わせている様です。

しかし、年月盤の対冲星が九紫ハと月日盤の六白アですから、普段はそうでなくても九紫破れは、急にカッとなることがあり、六白暗剣殺は暴力的になることがあります。
また、月命一白の人は酒を好きな人が多く、対冲星六白暗剣殺がアル中の星であり、九紫を酒と取ると酒が破れてますから、酒によるトラブルを抱える人でもあります。

これは、本性であり、隠れた性格です。

また、この事件が発生したのは2019年7月ですから、
流年:震宮 子6-未8-酉9
流月:坤宮 亥5ー午7ー戌8ア

です。

すると流年は
・年盤六白で仕事が忙しくて、気位が高くなっていた時で、
・月盤八白は先天三碧ですから、神経がイラついていてストレスを溜めていたのではないでしょうか。
・日盤九紫で怒りっぽくなっている時です。
そして十二支を見ると、この時、
・問題を年盤子で隠して、
・日盤酉で密閉したけれど、
・月盤未の未解決だった様で、また火種は燻りがあった様です。

流月は、
・年盤七赤の飲食時に
・月盤五黄の暴行事件を起こしたが
・日盤八白アなので止まらないかった。
十二支は、
・月盤午は九星だと九紫なので乳とすると、
・日盤戌は六白なので覆うものとして午と合わせるとブラジャーとなり、
・年盤亥は刻む、切るですから剥ぎ取ると解釈出来ます。
となります。
ただこの時、この人の解神午が来ているので、何かしら助けが入っている様に思えます。

そして、2022年9月1日に事件が発覚しました。
流年:巽宮 丑7ー申9ー申1
流月:巽宮 丑7ー申9ー申1

年流と月流が同流となる変化期です。
変化期に入ってこの事件が発覚し、落ちました。

流年・流月は、
・年盤七赤の遊びの時
・日盤一白の隠していたことが、
・月盤九紫で明らかになってしまいました。
十二支は、
・年盤丑のもつれで
・月盤・日盤の申は進むなので、話しがどんどん進んでしまいました。
・申と申で寅となり、寅の手直しで謝罪をテレビで行いました。

その成り行きは、対冲乾宮に行きますから、
流年:乾宮 午9ハー丑2ー卯3

流年は、
・年盤九紫破れで名誉がダメになってしまった。
・月盤の二黒仕事
・日盤三碧の声合って形なして無くなってしまった。
十二支は、
・年盤午で過去事象が出て、
・月盤丑でもつれて
・日盤の卯でダラダラする。つまりヒマになってしまう。
という様に見てとれます。
そして、成行きでも解神午が入っているので多分救いの手が差し伸べられるのかもしれません。

この読み方、かなり強引なところもありますが、参考になりました?
最後に、迷いましたが、今回は、あえて"さん"は付けませんでした。

公式LINE 友達ボタン

友だち追加