四緑の事象

2021年2月26日

今日は、四緑について少し話しをしましょう。

一つだけ、前置きしてときますと、ここで言う事象は、あくまで代表的なもので、わかりやすいものだけを説明しています。
四緑の易象は巽です。
方位で取ると、東南
十二支は、辰と巳です。
時間で取ると辰刻と巳刻(7:00~11:00AM)
五行だと木性
家族だと長女となります。

この四緑の元となる巽は、全陽の乾の一番下に一陰が入り込んだ形です。
そこから、伏入、入るとなります。
また、一陰は、3分の1がありませんから、そこから、基礎が弱いもの、下が開いているものとなり、一陰を脚とみて、椅子や机などにも取ります。
また、一番下に入り込んむところから、風となります。
そして風は、どこから吹いてどこで終わるかわかりません。だからそこから遠くとなり、長いとなります。そして遠くへ行くのは、旅行、遠くから来るのは、手紙ですから、旅行や手紙などになり、長いもの、例えばうどん、髪の毛、道路などは、全て四緑の事象となりました。意味もでました。
そして風は、逆らったりしませんからそこから従うと言う意味も出て来ました。
またこの風の行ったり来たりするところから往来、往復となり、行ったり来たりするのは、取引であり、貿易であり、商売です。
そしてこの取引から、男女の間の取引は、結婚であり、結婚は、縁であり、この縁が斎った状態です。
そして取引には、信用が第一ですから、そこから信用、人気、評判と言う意味も出て来ます。

また、中宮を自分の家とみると、九星は、必ず巽宮から中宮へ入って来ます。
だから、巽を玄関とし、またその玄関を吉にする様になりました。
この巽は、坎や震と違い、坤ではなく、乾から派生した八卦です。
そして、この巽の事象が四緑の事象です。