貴花田親方の運勢

2021年2月26日

去年辺りから大変な貴花田親方について、干支九星と気学で勉強してみたいと思います。

まず、親方の命ですが、生年月日が、1972年8月12日生なので、壬子一白年  戊申二黒月  乙亥一白日生まれの巽宮傾斜になります。
ここで、年支が子で月支が申ですから、三合崩れで運勢的には、強い人です。
しかし、この方は、年月蔵干も、月日蔵干も六白暗剣で、本命、日命一白なので、目上の人と上手くいかなくて当たり前です。
また、本命一白、日命一白ですから、誰とでも仲良くなれる人ですが、月命二黒なので、比較的地味な方で、自分から人によって行くタイプではなく、相手から近寄ってくれば、身内の様に仲良くなる人で、あまり明るさのある人ではありません。
また、同じ事の繰り返しでも淡々と出来る真面目な人です。
そして、巽宮傾斜なので、優しいところもあり社会性や社交性は一応ありますが、友達付き合いや人との関係は余り上手くはない人の様です。
また、こも方は、月命二黒なので、月盤坤宮八白暗剣ですから、親方としてはいいですが、協会の役員として組織で働くのは、かなり苦痛な様です。
ですから、相撲協会の理事長になりたいのです。
また、月盤艮宮五黄破ですから身内とも疎遠でも良い様です。
そして一年毎の運勢を見ると、去年は、一白は中宮にいて、周囲の目に晒されていて何とはなしに苦しかったと思います。また今年は、乾宮にいるのてで過去の叩きにあっている様です。
そして、流運では、去年までは、年盤七赤、月盤八白暗剣の周期にいたので、坤宮七赤の環境ですから、仕事や家庭の事でお金も使ったでしょうし、何かと不足不満もあったと思います。そして仕事や家庭の事が変化して大変だったのではないか、と思います。
それが、今年は、兌宮で年盤三碧、月盤四緑ですから、三碧の環境で騒がし環境ですし、三碧の顕現作用で今迄の事が表面化して出て来ます。そして四緑信用が兌宮から剋されているので中々信用を得るのが難しい様です。
なかなか状況は、苦しい状況ですが、一白の方なので、余り苦労を苦労と思わないところもあり、頑張って欲しいものです。