2020年10月11日の天気を占う

2020年10月10日は、台風14号が伊豆諸島付近に入っていて、関東地方も天気は雨でした。
ただ、翌日11日にちょっと出かけたかったので「明日10月11日の天気は?」という題材で簡単に占ってみました。
この時の占いは、周易の略筮で占いました。大した題材ではありません。
そこで、出た卦が火地晋の三爻変で之卦が火山旅です。

2020年10月11日の天気

一瞬出た卦を見て、「えっ」て感じです。

何故なら、前日の10日は、台風の影響で雨ですし、その翌日の11日もまだ関東地方の近くに台風は居る予報が出ています。
なのに、本卦が火地晋です。
この火地晋は、太陽が地上の真上にサンサンと輝いている卦です。
そして之卦の火山旅は、太陽が山陰に隠れようとして日が落ちて行く卦です。
どちらも天気の卦です。
と言うことは、
「昼間は、太陽が出て、夕方は太陽が沈んでいく天気なので、一日中晴か?」
「いやいやそれはない」
ではどう解釈するか?
この場合、火地晋の内卦坤も火山旅の内卦艮も天気の事象としては、「」です。
ですから、火地晋も火山旅も太陽が外卦で上にあって、その下に内卦の雲がある卦です。
そして本卦も之卦も内卦に雲があるから、太陽は天上にはあるのでしょうが、その下には雲が張っている天気ですので、これは一日曇りであり、
且つ、本卦の火地晋の三、四、五爻の坎(水)が、二、三、四爻の艮で(止まる)となるので、雨は降って来ない?
と見ましたが、外はずっと雨だし、台風も来ているし、天気予報も天マークばかりだったので、正直当たるとは思っていませんでした。

ただ、面白いことに、互卦が水山蹇だったので、行き悩む、前方に坎難があって艮で止まるの意味通り、出かけようと思ったのですが、出かけられなくなったと言うオチが付きました。

大した易占ではありませんが、状況を良く考えて占わないと誤占してしまう例です。

易占

Posted by 朱烈