干支九星気学って干支九星と違うの?

2020年8月5日

よくネットなどを見ていると、またに干支九星気学と言う占い師を見ますが、何も知らない人や少し占いをかじった人からすると、私たちのやっている干支九九星と混同していまます。しかし実際は全く違います。これはほぼ気学です。
単に頭に干支と言う言葉を付けているだけです。なんちゃって干支九星が干支九星気学です。
では、干支九星かどうか?をどこで見分けたら良いでしょうか?

それは、占い師が、鑑定盤を使うかどうかです。
干支九星では、「鑑定盤」というものが、切っても切り離せません。

そして、次は、方位を45°で取るか、30°60°で取るか?です。
これも干支九星なら45°で取るはずです。

また、方位は、磁北を使うか?真北を使うか?
これも干支九星なら、真北を使うはずです。

そして干支を九星と一緒に方位盤で回すかどうか?
これも気学であれば、九星だけで、干支は回しません。

この当たりで、その占い師が使っている干支九星気学が、干支九星なのか、それとも気学なのかがわかります。どっちでも良いと言われるかもしれませんが、前に干支九星の先生に見た貰ったらけどだめでした云々と聞いて、この当たりが全く違っていると、なんだか悲しくなります。ですから、占い師に見てもらう側も間違えない様にして下さい。お金もったりないですから。