運勢の見方の基本

2020年8月5日

人の運勢を見る場合、月盤中心で見ますが、その場合それぞれ見る内容の宮に、入っている星の象意で判断しますが、それに合わせて、判断する象意を持つ星も見ます。
例えば、夫運を見る場合、先づ月盤の乾宮に入っている星を見て、次に夫を表す六白の行方を見るということです。この場合、乾宮にいる星が、表面的なことで、実体は、六白のいる宮の事象となります。
そしてそれぞれの場所から、年盤に流して掛かる星と合わせて判断します。
つまり、上の場合だと、月盤の乾宮に入る星から流して年盤に掛かる星と、月盤の六白から年盤に流して掛かる星とで判断します。
その場合、乾宮の星は、表面的な見え方で、実態は、六白の状態となります。
そして、これに日盤も合わせるともっと詳しく判断できますが、分からなくなるなら、日盤は、見なくても差し支えありません。
他の運勢も同じ様にみます。
簡単に書きましたが、結構急所だと思います。
ご自分の色々な運勢を見てみてください。
きっと思い当たるところがあるとおもいますよ。

気学日盤,運勢

Posted by 朱烈