九星での方位取りの色々な方法

2020年8月9日

気学においても、いつも最も良い方位が取れるわけではありません。最大吉方の星が暗剣殺や破を受けている時もあります。しかしだからと言ってその際に移動出来ないと言うのでは、生活が出来ません。会社の転勤等でどうしても動かなければならない時もあります。ですから、そう言った時の為に、次善の策がいくつか考えられて用意されています。
その方位を取る方法は、いろいろありますが、主な方法は次の5通りです。

1.本命星と月命星に共通した吉星(最大吉方)が回る方角を選ぶ方法
例えば、本命三碧、月命九紫の人の場合、最大吉方の求め方は下の様になります。

そしてこの最大吉方の四緑が回る方角を選ぶ方法です。

2.本命星からみた吉星で年盤上の吉方を求め、月盤上の同方向に最大吉星の回る月を選ぶ方法
上の例の場合、本命星から見た吉星とは、1(一白)になりますので、年盤上で一白が回り、月盤上では四緑が回る月を選ぶということになります。ただ、上の年(2006年)の場合は、一白は、年盤で暗剣殺方位なので、この方位は取れません。

3.年盤上の相尅方位を選び、その方角に月盤上最大吉星の回る月を選ぶ方法。
(2の方法で年盤上に吉方のない場合の次善策)
上の例の場合、本命星から見た吉星1(一白)が暗剣殺の気を帯びていて取れないので、次善策として、年盤上の相尅方位ですから、本命三碧なので、三碧の相尅の星は、木尅土、金尅木で2(二黒)、8(八白)、6(六白)、7(七赤)になりますので、年盤でこの星が回り、且つ月盤で最大吉星の4(四緑)の回る月を選びます。すると、2006年(丙戌三碧年)は、年盤で艮宮(六白)、坎宮(八白)、離宮(七赤)の方位となりますから(月命的殺は見ません)、例えば6月に艮宮に四緑が回ります。

4.3の方法も不可能な場合は、本命星のみを主体に月盤で方位を選ぶ方法。
 もし3の方法も取れない場合は、本命星のみの吉方である一白が回る方位を月盤で取りますが、この場合、2の場合同様、一白が暗剣殺の気を帯びているので、取れません。だから例えば、2006年の2月にどうしても方位をとらなければならない場合は、本命のみの吉方である一白が回る北を取ります。この北は年盤では八白の相尅方位です。

5.月命星の吉方を年月で選ぶ方法
上の4つの方法でも方位が出ない場合は、月命星からの吉方、つまり上の例では、2(二黒)と8(八白)が回る年月を選びます。

でも無理せず時期を待つのも一つの方法です。
また、上の5つの方法で方位を取るのは、あくまで気学で方位を取る場合ですので、干支九星の方位とは全くことなります。