酒井法子の運勢

2021年2月26日

ひさしぶりの更新です。
参考までに書きます。
酒井法子容疑者
生年月日 1971年2月14日
命式 辛亥2 庚寅2 庚午4
この人の運勢は気学で見ても土気線が悪い点からして家庭運が悪いですが夫運はさほど悪くはありませんが、母親とも縁の薄いのは、わかります。
気学でも寅と午がありますので再縁の相はありますし、庚二つでとても強い人の様です。
本命二黒、月命二黒ということで、優柔不断な面もありますが、比較的自分の思うとおりに生きることの出来る人で、自分は強く意志は曲げない人です。また、何事も自己流で押すしかない人です。
但し世間体に関しては敏感です。
流年で見ると恐らく、30~35歳の年盤一白(破)の周期で薬を始めたのでないか?と推測します。結構この時期つらかったのではないでしょうか?
しかし四柱推命の方が、運勢についてより解かると思います。
年 辛亥(甲)劫財 偏財 病 空亡
月 庚寅(丙)比肩 偏官 絶
(丙)偏官(火局)
日 庚午(己)   印綬 沐浴
空亡 戌亥
夫婦運は、生日基運沐浴で夫婦縁薄く、命式中官星が多く、比肩もあり、月柱の十二運が絶で完全に破婚相だし、親運は、年柱空亡ということで親縁は薄いし、
年干の劫財は母親との縁に薄さ、月柱の比肩、年柱の偏財は、父親との縁の薄さと見ることが出来ます。
また、劫財が空亡なので、兄弟(劫財だから弟妹)とも縁が薄いとも言えます。何とも言えない命式になっています。
そして今年の7月(事件発覚月)は、己丑年(印綬 墓) 辛未月(劫財 冠帯)で劫財は、自分の自覚による行動の結果がもたらす反省であり、認識です。そしてそれはやがて、諦めから倦怠につながる時です。
また破壊の周期でもあります。
何となく納得です。
でも本当に色々なことが露呈してきてびっくりです。
そして今年は、年盤二黒兌宮で引退、十二支本命亥は、年盤空亡、月盤は、離宮で暗剣殺が付くので、悪時が露呈したとも見ることが出来ます。