九星を季節に合わせて取る。

2020年8月5日

九星で方位を取る場合に、季節を考えたことありますか?

本来は、ここまでするんですが、そうすると、限りなく取れる方位が少なくなるので、今はあまりやる人はいません。
気学の先生は、まず教えないでしょうし、知りません。
でも、一応説明すると、例えば、一白を取る場合、一白は、五行が、水ですから、冬は旺、秋は相、春は休、夏は囚、土用は死になりますので、一白を生じる秋と比和の冬、つまり旺相の季節は吉ですよ。というものです。
この旺相休囚死は、季節における星の強さを表したものです。

そして、これに十二運をいれると、水の生は申、旺は子、墓は辰、絶は巳ですから、生の申月と旺の子月は吉だけど、墓の辰と絶の巳月は凶ですよ、と言った具合です。
本当は、これに中宮星との兼ね合いも見ます。

申月・子月は吉
辰月・巳月は凶

簡単に書いていますが、なかなかここまでやる人は今はいません。

これに、一白、六白、八白、九紫が吉で、他の星は、凶としたら三白宝海です。
九星も奥が深くてまだまだ知らない事が一杯です。
もっと時間と知識が欲しいなぁと思います。

公式LINE 友達ボタン

友だち追加

干支九星九星,方位

Posted by 朱烈