穴八幡神社

2020年8月6日

早稲田にある穴八幡神社、冬至から翌年の節分まで一陽来復のお守りを出す事で有名な神社です。

江戸時代から続く、金銀融通のお守りで、冬至、大晦日、節分の3日の内のどれかの日の夜中の12時に恵方にお守りが向く様に家の恵方の方位を見て、恵方の対冲の柱や壁の高い所に貼り付けるものです。(800円のお守り)
一度付けたら、動かすのは不可だそうです。
冬至から大晦日は朝8時~夜7時迄、正月から節分は、朝9時から夕方5時までお守りを販売しています。
このお守りとは別に懐中のお守り(300円)のもあります。
(皆何体も買っていました。・・・1ケ2ケとは言わない様です。)

これは、ビニールに包まれて、長持ちする様に作られています。
一年間、身に着けて持ちます。
しかし、すごい人で、まだ年末というのに、さながら正月の初詣の様です。お守りを買うスペースもすごい人が並べる様になっており、正月には絶対行きたくありません。
神社自体は、大変立派で朱塗りの門もあり、本殿も神社というより、どりらかと言うとお寺的な作りです。
まー出店が境内一杯に出ていて、神社全体は良くわかりませんが、良い神社の様で、手の入れられた神社でした。
一度覗いてみてはいかがですか?
そう言えば、神社参拝に私はお願いはしません。心の中で住所と氏名を言い、お伺いしましたごあいさつをします。時間があれば、ひふみ祝詞等を唱えます。
他の人がどうしているか知りませんが。
因みに穴八幡神社の最寄駅は、地下鉄東西線の早稲田駅です。出口さえ間違わなければ、出れば左手に赤い鳥居が見えます。歩いて5分以内です。(人がいなければ)

神社仏閣対冲,方位

Posted by 朱烈