六白の事象

2021年2月26日

今日は、六白について少し話しましょう。

六白は、易象は乾です。
方位は、西北
十二支は、戌、亥
時間で取ると戌刻と亥刻(7:00~11:00PM)
五行は、金
家族だと夫、父親です。

六白の易象の乾は、全陽の卦であり、欠けているところがありません。そして陽爻は、盛んであり、大です。だからそれご3つ合わされば、とても大きなものになります。そして、陽ですから、生命の源である全ての気、熱、光、雨等を発しています。だから乾は、天なのです。
そしてこれを人の体に当てはめると、命になります。
そして、今言った様に欠けているところがありませんから、丸いし、完璧です。また、太陽となります。
この太陽は、休む事なく地上に光りや熱を与え続けます。
そこから、施すとか、ボランティア精神と言う意味や、動いて止まずと言う言葉が出ます。
この動いて止まずと言うのは、三本の陽爻が常に動いていると言う事で、ぶつかり合います。
そこから、戦う、戦争と言う意味もでます。

また、この太陽の光は、すべてのものを育む力がありますので、そこから、健やかと言う意味も出ます。
そして六白は、丸い物ですから、お金であり、全陽ですから、凄く大きなものなので、大金となります。しかし、気を付けないといけないのは、六白は、予算オーバーになりやすい点です。

そして、天はいつも高く上の方にありますから、そこから目上、先祖、父親、権威権力等の意味もでます。
また、乾は、全陽で全てが欠けてないところから、固いもの→金属となり、金属の動くものとして自動車や電車、飛行機等となります。
他にも大始とか、包む等まだまだ、説明しきれない意味があります。

気学十二支,方位,

Posted by 朱烈