藤原紀香さんと陣内友則さんについて

2021年2月26日

藤原紀香さんと陣内智則さんの離婚の危機の報道がなされていますが、ちょっと書きます。
(ほんの入り口だけですが・・・)
まずこの二人が結婚する時、二人について全く調べなかったんです。
普通こういうビッグカップルが誕生するときは大体調べるのですが。
何故か???
全くの不勉強です。
で今回離婚の危機と言う様な問題が報道されていたのでちょっと調べてみました。
藤原紀香さん 辛亥2 甲午7 甲申7 対冲星9 7 解神戌 午未空亡
陣内智則さん 甲寅8 丙寅2 甲午1 対冲星5 6 解神戌(未) 辰巳空亡
共通星 甲2つ(陣内さんは寅と寅でひっくりかえて申なので、申も)
結婚した日2007年2月17日でした。
これで初めに感じたのが、確か藤原紀香さんには占い師がついていたハズです。(直井由美里さんだったと思います)
それなのに占い師は、何故この時に結婚させたのでしょうか??
疑問です。どんな占い師さんだったのでしょう。
二人が引かれあったのはわかります。
陣内さんは、藤原さんの本命を月命でもっているし、藤原さんは月盤で陣内さんの本命を三合で囲んでおり、且つ天道がついています。
また共通星として甲2つと申1つだからです。
それで引かれあったのだと思います。
しかし結婚の時期というのを余りに深く考えていない様に感じました。
何故なら、この結婚の年は、藤原紀香さんの年命九星である二黒と十二支亥が中宮にある年でかつ月でも二黒中宮です。
また陣内智則さんの本命十二支も中宮月であり、二人とも動いてはならい時で、藤原さんにとっては、この年は、一生の内の一番の厄年でもあります。
また推命で見ても、二人とも傷官年に当たり結婚にはふさわしい年回りではないと思います。
だからこそどんな占い師がついていたのだろうと首を傾げたくなります。
そして、二人は土星同士でいわゆる事故パターンで、どちらかが、再婚であれば上手く行きますが、初婚同士では名前の通り事故が起こります。ですから、このパターンの性格を考えると今の現状も納得出来ます。また、二人の命式を見ても首をかしげます。
どっちが悪いとか、良いと言う問題ではありません。
因みに陣内さんの生年月日は1974年2月22日と言うことで、2の数字が多いですが、この2という数字は、神綾学では、別れの数字とされていますので、2の多い生年月日は、別れに支配されている生年月日でもあります。
しかし、占い師もピンキリということでしょうか?