古本屋で珍しい本に出合いました

2021年2月26日

昨日、神保町へ行きました。当然、「神保町」と「占い」と言えば原書房です。
昨日は、柄澤昭覚の「八門遁甲」を買い、(復刻版の新本です。)店を出ようとしましたが、店先の古本をちょっとみて見ると、ちょっとした小冊子の束があり、見てみると、真気学会の昔の会報の束でした。珍しいのと、値段も1000円だったので、思わず買ってしまいました。ちょっとお買い得だったと思います。ただ同時に易学研究の束もあったのですが、こちらは冊数が多すぎて持ち帰れないので泣く泣くあきらめました。
しかし、それでも「いいもんを掘り出した」ってな感じです。

それから回りの古本屋を見て回りました。(コツは宗教関係の書籍を扱っている店です。)何軒か、見て回るうちにぷらっと入った店でまたまた柄澤昭覚の「家相方位図解全」の復刻版を見つけてしまいました。これも程度がよく珍しい本です。
見つけられない日は全く見つけられませんが、ついている日は、本当によく良い本に出会います。この様にプラット入った古本屋で思わぬ本を見つけると専門店で見つけるより面白いです。
本との出合いは一つの縁で、その機会を逃すと二度と出会えないこともあります。
気学を勉強する様になってから古本屋回りや古本市に出かけることが多くなりました。
皆さんもたまには、神保町界隈の古本屋を覗いて見ると面白いですよ。
なかなか入りにくい店が多いんですけど、誰にも怒られませんから。

占い全般神保町

Posted by 朱烈