何にしても使ってはいけない日時が五不遇時です。

2021年2月26日

奇門遁甲や九星術、方鑑では必ず出て来る「五不遇時」と言う時間がありますが、何故か気学にはありません。
これは、時干が日干を尅す時間帯のことで要するに凶の時間帯とされうています。
例えば、甲日の庚午時という様に、五行で言うと甲(木)と庚(金)で金尅木と日干が時干に尅される時間です。
まーこの時間に動くと良くないことが起こるというものですが、気学では採用されませんでした。しかし、せっかく良い方位を取るとするならば、一つの目安として昔からあるものををもう一度着眼してみるのも面白いかもしれません。
そしてこの五不遇時は、奇門遁甲と郭氏元経では違うと言うことを付け加えておきます。

尚、郭氏元経の五不遇時は、吊宮の天干が時刻の天干を尅し、時刻の天干が日の天干を尅し、日の天干が月の天干を尅し、月の天干が年の天干を尅す時となっていますので、使う方位と合わさっていますので、単にこの日時が悪いというのではありません。