2013年の8月は年月五黄なので方位取りはご遠慮下さい

2020年8月6日

今年2013年の8月は、癸巳五黄年、庚申五黄月となります。
気学では、普通こういう時に四柱法と言って時間まで九星を合わせて、吉方を取りなさいと言います。最大吉方位を取るチャンスですよと言います。
特に2013年8月15日は、五黄並びの日で、気学をしている人は、方位を取りに行った人もいると思いますが、干支九星では取りません。
ただ、時間は、五黄の時間だと丑の刻か、戌の刻なので、難しいと思います。それに今年は、暑過ぎて、注意しないと、熱中症になってしまいそうです。

まず、五黄年というのは、五黄が中宮にいて、その1年を支配します。
ですから、当然五黄の影響が出る年ですよと言う年です。
では、干支の癸巳はどうでしょうか?
これも同じくこの1年間は、癸巳の影響が出ますよという年です。
そしてこの癸巳という干支は、過去9年間常に暗剣殺が付いて一回りして来た干支で、暗剣殺が今年になって、やっととれたかと思うと最後には、五黄と同会しています。
次に月を見ると、月の干支庚申は、過去9ケ月に渡り暗剣殺が付いて同じく一回りして来た干支であり、中宮のニ匝目には、己巳が来ます。
この己巳という干支は、これから9ケ月暗剣殺が付きまとう干支です。

これで分かる様に、年干支の巳は、今まで9年間暗剣殺の気にさらされていた十二支で、これが月の中宮のニ匝目にも来ているので、暗剣殺の気が強まり、その月を支配することになります。
しかも五黄が年月で同会している時ですから、当然五黄の影響も強まる時です。
この様に中宮の星の影響を考えると、この月は五黄・暗剣殺の気が強く支配する時ですので、動かない方が良いのです。
夏休み期間なので、大変ですけど、安易な吉方取りはやめた方がよいです。