不忍池弁天堂

2020年11月17日

今日、己丑九紫年、癸酉七赤月、己巳七赤日、己巳七赤時に上野の不忍池弁天堂にお参りに行って来ました。
上野駅から京成上野駅へ行き、駅の裏の道を少し歩くと不忍池が見えて来て、弁天堂が見えます。
しかし拍子抜けする程、殆ど混雑はしていませんでした。(巳酉丑が並びましてや己巳の日で休日ですし、占い師が結構参拝に来ると聞いていましたから混雑を予想していましたが)
なので、すぐ参拝出来ました。このときお願い事はしません。ご挨拶だけです。
正直言って弁財天は、御開帳されていた様ですが、遠くてよく見えませんでした。
まー「巳成金」の小判(1,500円)は一応買って着ましたが・・・

巳成金御守り
巳成金御守り

これが巳成金の小判です。

(別の時に行きましたら大混雑です。)
だからついでに、東叡山寛永寺と東叡山上野輪王寺も参拝して来ました。
歩いたので、結構疲れました。
しかし寛永寺(根本中堂)はお堂は開いていませんが、すごく威厳のあるお寺で、見ていて圧倒されます。
葵の御紋は当然しっかり光っており、すごく立派なお寺です。
また、上野輪王寺は、阿弥陀堂に古くて大きな虚空菩薩像がありました。
こんな大きな虚空菩薩とお地蔵様は見たことがありません。
守り本尊が虚空菩薩の方は一見の価値ありだと思います。
ただ、いつも思うのですが、私は、正直言ってお寺は、どうも性に合わないというか、余り感じないと言うか、あのほわんとした空気より(見て面白いのは、色々な仏像があるお寺なのですが、)どうも神社のあの張詰めた様な空気の方が
性に合う感じがします。
「居心地が良いというか・・・」
気の性でしょうけど。

神社仏閣弁財天

Posted by 朱烈