親王様ご誕生

2021年2月26日

平成18年9月6日生まれ
丙戌3 丙申8 戊戌5
離宮傾斜 蔵気星一白
美智子様が紀子様に依頼して産んだそうですが、皇位継承者とすればなんともすごい生まれです。
この方が将来とういう方に育つのか?
本来皇室をこの様に見るのことは、失礼なことにあたるのかもしれませんが、興味のあるところでちょとだけ失礼して気学についてのブログですから気学で自分なりの見立てをしてみたいと思います。
当るかどうかは、かなり先の話ですし。
まず、本命三碧なので、活発で、声は大きく、健康的で、反面、騒がしい面も持っていますが一般人とは違いますので、その当りは、しっかり教育されて静かになるのでしょう。ただ、生来の出たがり屋、仕切り屋ですから、ちょっと後々皇位継承問題等では、心配の種も持っているのではないかと考えてしまいます。
しかし本命三碧でかつ離宮傾斜ですから、先の見通せる人に育つのでしょう。
月命八白なので、少し頑固な面も持ち合わせていますが、なんと言っても八白の相続権を持っているところがすごいです。
ただ、気の変わりやすい面がある様ですが・・・・。
加えて日命は五黄つまり帝王の星です。
月命八白は、融通の利かない面もありますが、一つのことに執着すると強さを発揮しますし、欲という面では、金銭欲は、皇室ですから持つ必要もありませんので、心配ないでしょうが、強欲と言われる程強い欲望を八白は持ちますのでその他のことについては、お付の人々にしっかり教育されることでしょう。
月盤で本命に生気を持っているので、元気で健康に成長し、長生きもされる運勢ももっています。
この方を月命盤で見ると、一見おとなしく、ちょっと我侭な様に見えますが、実際は、頭も良い聡明な方になると思います。
母親である紀子様は、将来そりが合わなくなるか、はたまた大変な力になるか微妙なところですし、一般の人の場合は、父親とも離れ勝ち等となるのかもしれませんが、この当りもお付きの人がフォローするところで全く心配ない所だと思います。
また坎宮天道なので、上に立つことは、この人にとって良いことだと思います。
そして離宮傾斜ということを見ても頭の良い方に育つことと思います。
日盤五黄ですから、人を使うのもうまく、自分の意思を曲げることをしない人ですので我を抑えることが必要です。正しいと思ったことは、正しいと通す人で、余り人の言うことを聞かない面も持つかもしれませんが、きっと立派に教育されることでしょう。
十二支で見ても申を持ちます。申は神です。離宮傾斜の九紫の神の象意を加えてもやっぱり、すごい生まれだなと思います。
ついでに酉がくれば申酉戌の三支並びですので酉が欲しいところです。
なんか皇位継承者としての運勢を持って生まれた様かな感じで、生まれを調整したっぽいなーとも思いますが気のせいでしょうか?
さーしかし皇族で誰がこの方の力になってくれるか?
これから調べて見ようと思います。