二黒の事象

2021年2月26日

次は、二黒について少し話しましょう。

二黒は、易象は、坤です。
二黒は、方位で取ると西南です。
十二支は未と申
時間で取ると、未の刻と申の刻13:00~17:00です。
五行は、土性
家族だと母です。
坤は、乾の天に対しての地です。坤の六つの点を細かな砂と見て地とみて、それが一面に広がるのが大地であり、大地は平らです。
この地には、天の気を受ける役目があるので、受動的になり、逆らわず従順になります。だから順うのです。そして地は、全てのものを育みます。だから母とか、母性ともなります。

そしてこの地の逆の性質の全てのものを土に返す性質から、腐る、古いというと意味も出てきます。
また、この作用は、スゴく遅いので、グズノロマ、遅いの意味も出ます。
そして最後は、全てを土に返して何も残らなくするので、無となります。
また、大地は、平らであり、何時も自分の作用を止める事なく休ます作用させるので、致役、働く、営業となります。
そして、大地は、いつも自分の上に物を載せていますから、載せると言う意味にもなりますのでお皿やお盆なども二黒で取ります。

また、坤の六つの点を見て大衆とも取ります。
一つ一つの点が人でおれが多く集まっているからです。
それと、坤は、土なので、変化と言う意味もあります。

坤は、一番はじめに言った通り地ですから、天の気つまり、太陽の光、熱、雨、雪等をすべて受け入れます。
これを欲とし、二黒を欲とします。
因みに二黒は、生存の為の欲、八白は強欲(掴み取る欲)、五黄は爆欲(奪い取る欲)と言います。だから二黒の欲は許されます。
二黒は、この坤の事象を取ります。
そして、坤は、全陰の卦です。