一白の事象

2021年2月26日

初心に戻って一白について少し話しましょう。
一白は、易象だと坎です。
一白は方位で取ると北です。
十二支は、子
時間で取ると23:00~3:00です。
五行だと、水性
家族だと、中男となります。

この坎と言う字は、土が欠けると書きますから、穴であり、穴の中は暗いし、先は見えないので先の見通しは立たないし、穴の中に入れば、隠れる事になりますから穴、暗い、隠れる、秘密、先の見通しが立たない、悩みなどの事象が出てきます。
また、穴に隠れてれば、暗い中にずっといるので、病気になりますし、いずれ持ち金は、底を尽きるので、貧乏になります。
そして立ての穴に入るは、陥るです。

そしてこの坎と言う易象は、二陰の間に一陽が入っており、これを真上から見ると、二陰の大地の中を流れる一陽の川になります。だから、水なんです。そして、その水は、山の上からあっちにぶつかりこっちにぶつかりしながら、流れて行って大きくなって海につながります。だから、そこから苦労、困難と言う事象も出ます。
そして一滴の水が、いつの間にか、大きな流れになり、仲間が増えるので、誰とでも仲良くなれるともなります。
だから、坎つまり一白は、水全般に関する事になる訳です。

また、坎は、真ん中の一陽が川の様に窪んでいるとみる時と反対に盛り上がっているとみる時があります。
だから盛り上がってるときは、尖っているとか、険しいとる訳です。
そして二陰の中に一陽があるのだから、子供を孕んでいるともとる訳で、悪くいうと色情となる訳です。
そしてこの坎の易象を今度は、横から見て二陰の間を一陽が槍の様に貫いている陽に見ます。すると、貫くとか、芯がしっかりとしていると言う様に取ります。

また、一白は、十二支で言うと子ですから、この子と言う字は、一と了に分けられるから、一の始まりと了の終わりから、再出発とか、再生交わりと言う意味が出て来ます。
ちょっと見てみると、坎は、この様にあくまで坤から派生している易象で、一白の意味は、坎の易象を追求する事です。

気学十二支,方位,

Posted by 朱烈