山地剥→艮為山

2020年8月5日

いまの仕事、このまま続け良いか?

で周易で占ったら、山地剥の三爻変で之卦艮為山でした。
これを考えると、先ず「山地剥」ですから剥奪で、何も考えなくても悪い卦だなぁと言うのは、誰でもわかります。
それで、「山地剥」の卦辞は、「剥は、往く攸有るに利しからず。」で剥の時は、進んで事を行なってはならない。だから、そのままじっとしていないとダメですよと言っています。
そして之卦が「艮為山」だから、止まる、止められる、だから結局山地剥→艮為山、変われないと言う事だと理解しました。
そして、これを干支九星で、日盤を立てて見ると、亥四緑の日だから四緑中宮で、食い違い、勘違いの時で、本命二黒は、震宮にいて新しい事をしたい、それは、隣の艮七赤でヒマな事に不平不満があるからで、でも本命が震宮にいるからそのまま進むと巽宮三碧暗剣破で巽の人間関係が声あって形なしになる、また、巽の商売つまり仕事がダメになる、そしてその結果、兌宮六白で大金の無駄金を使うとなります。
やっぱり、今のまま大人しくしてるのがいいんだなぁって事です。
こんな星の読み方を沢山しなければ、鑑定力は、上がりません。