お水取りの注意点はお返しすること

2021年2月26日

気学での吉方用法にお水取りというのがありますが、自分の吉方位に行って湧き水なり、井戸水なりを貰って来て飲むと言うものですが、作法の中で良く忘れられていることがあります。
これが良いかどうかは、見た方にお任せしますが、本でも書いてある本は非常に少ないと思いますが、取って来た水を最後まで飲まないで少し残し、それに自分の家の水を足して、必ず戴いた場所にお返しすると言うことです。
多分お水取りの場合、神社でお水を取ることが多いと思いますが、必ずお返しをすることを忘れてはいけませんということです。
それと良くこのお水取りで議論されるのが、時間についてで、家を出る時間を吉の時間とするか、現地に入る時間を吉とするかと言うことです。
遁甲的な考え方では家を出発する時間を合わせることになりますが、
本来、このお水取りは、一刻(2時間)の間に行うことであったので、出発してから自宅に帰って来るまで同じ刻内で済ますものでした。
つまり自宅近くで行うものでしたが、今では中々そうも行きませんので問題です。
ただ、お水取りはどうも一発で効くことは少なく、何回か行う必要があります。それで初めて効果を感じられると思います。

干支九星気学

Posted by 朱烈