二つの傾斜宮

2020年11月17日

富久さんの「気学傾斜秘法」の運勢篇を見返していると、「運命、性格のつかみ方」のところで、こう書いてあります。
「性格や運命は、同じ八白年一白月うまれにしても、細かく分けてみると、三十種類に区分されます。
それは、同じ年、同じ月、同じ十二支年、同じ十二支月、同じ傾斜宮の中に、生まれ日が違うのです。その生まれ日は、一白の日もあり、五黄の日もあり、九紫の日もある訳です。
ですから、それらを細かく見るには、日盤を中心として、月盤がどこに廻っているかで、判断すべきです。」となっています。

ここで言っている大切なことは、生年月日の中で「日盤を中心として月盤がどこにあるか?」の部分が、つまり「日盤で月命がどこにあるか?」と言っています。する月命盤で本命のある宮を取って傾斜宮としますので、この通常の傾斜宮と合わせると、傾斜宮が二つあるよと言っているのですが、何故か未だに年月の傾斜宮しか、一般的には皆見ようとしませんし、本でも書いている気学本はありません。
こんなにサラッと書いてあると、分かりづらいと思いますが、絶対に見逃してはいけない部分です。 つまり、傾斜秘法は、
年命を月盤で探してある宮の傾斜宮
月命を日盤で探してある宮の傾斜宮
の二つの傾斜宮をみなければならないと言っています。

そして望月治先生はこれに三つ目の傾斜宮を加えました。
それは、年命を日命盤で探して、その宮を傾斜宮として取るものです。望月流の傾斜宮は、この三つの傾斜宮から年・月・日の他の盤に流して掛かる星まで見ます。
だから、年命を月盤で探す場合は、その月盤の傾斜宮と同じ年盤と日盤の宮の星を掛かりの星として取ります。
また、月命を日盤で探す場合は、その日盤の傾斜宮と同じ月盤と年盤の宮の星を掛かりの星として取ります。
また、年命を日盤で探す場合は、その日盤の傾斜宮と同じ月盤と年盤の宮の星を掛かりの星として取ります。
この様に傾斜宮も進化して段々ややこしくなって来ています。

そして、運勢を見る場合、例えば今年の年運は?と言った場合、
ひとつは、星の廻っている宮がどうだから、とか、今年は、暗剣殺や破がついているから悪いなどと見ます。

しかし、その運勢にもう一つ加えるべきなのは、傾斜宮による運勢です。
上でも書いている様に、人には二つの傾斜宮がありますので、この二つの傾斜宮を利用して運勢を見ます。
例えば、ある人が坎宮傾斜と、乾宮傾斜の持ち主だとすると、今年は、九紫の年ですから坎宮と乾宮に入る星は、五黄と一白になります。
つまりその年の年盤と自分の月命盤、日命盤を重ねて、傾斜宮に入る今年の年盤の九星を見るということです。文章で書くとちょっとややこしいかもしれません。
だから、本命のいる宮の意味に加えて、その二つの星の意味を加えると、また違った運勢が見えて来ます。

なかには、先生によると、二つ目の傾斜を日盤で本命を取り傾斜宮とし、その宮に入った星で見る先生もいらっしゃる様です。
兎に角、どちらにしても、これで一つ運勢に個人差が付けられますし、自分の運勢を見てもこれは、結構いい線いってると、思います。
皆さん参考にして下さい。