九紫の事象

2021年2月26日

いよいよ九紫です。九星については、これで最後です。

九紫の易象は離です。
九紫は方位で取ると南
十二支で取ると午
時間で取ると午刻(11:00~13:00)
五行だと火
家族だと中女

九紫の元となる易象の離ですが、この離と言う卦は、陰爻を上下から陽爻で挟んでいる形です。
そして、この陰爻は、陽爻の中にとりついていると見ます。
だからそこから、麗くと言う意味がでました。
そしてこの麗くと言う事象は、逆に見ると離れる事です。だから二つ合わせて離合集散となります。
また、麗くものから、連想されたのが火です。
火は、次から次へと飛び火します。
そして、離宮は、先天では乾で、その乾は丸いものですし、それが火なのですからつまるところ太陽であり、後天は、先天の作用を表しているので、離は明らかとか、明るい、と言う意味も出て来ました。
そして、火の燃え上がる様から、美しいとか、綺麗、華やか、おしゃれ等も出てたています。
また、明らかになるものとして、裁判、警察や書類等の事象も出ます。

この離と言う卦は、外側が陽爻で硬くて、真ん中が陰爻だから柔らかいものとも見られます。
例えば、頭なんかもその例です。
頭蓋骨の固いものの中に脳みその柔らかいものが入ってます。それが離です。
だから、頭が良い、利巧、そして勉強と言う意味もこの頭から出ます。
そして真ん中の陰爻を両目に見立てて、目と言う意味を出し、そこから、見る、メガネと言う意味も出てきますし、そこから、先が見通せるとなります。
そして離の卦は、表面は硬くて立派だけど、中身はないとし、そこから表面を飾るとか、単に飾ると言う意味も出て来ました。

また、変わったところでは、二陽を乳房とみて、一陰を乳首とみて、離を乳とも見ます。
そして、真ん中の陰爻を二番目の女と見て中女とします。
この離と言う卦は、乾から派生した八卦です。
ですから、九紫は、この離と言う卦を理解する必要が、あります。

皆さんこれまで書いて来た九星の事象は、ほんの一部です。
しかし、考え方は、示す事が出来たと思います。
事象の丸暗記なんてナンセンスです。
個々人でもっと色々事象について考えて見て下さい。
何を言おうとも、この事象が基礎であり、結局は、秘伝です。
皆さんでその幅を是非広げて下さい。