八白の事象

2021年2月26日

今日は、八白について少し話しましょう。

八白の易象は、艮です。
方位は、東北
十二支は、丑寅
時間に取れば、丑刻と寅刻(1:00~5:00)
五行は、土
家族は、少男

八白の元である艮は、二陰の大地の上に一陽が止まった形です。
そこから、一旦止まるとなり、変化、終わって始まるとなりました。
また、この止まるから貯蓄、貯金と言う意味も出て来ます。
そして、人がとどまるところとしては、家屋、ホテル等も艮の象意です。
また、物がとどまっているところ、つまり蓄えておくところから箱、家具、箪笥も艮です。

また、二陰の大地の上に一陽があり、この一陽を大地の盛り上がりとして見て、山とか、高いと見ました。
そして、この八白の山は、小さな粒の集まりと言われています。
また、山は、単独であるよりも、連なっている事が多いので、連山や連峰などがあります。ここから、艮に兄弟、親戚、身内の意味が出ました。

変わったところでは、艮の形から路地と言う意味も出てきてます。
二陰が道で、一陽が壁で、二陰の間を進むと、一陽の壁に当たり進めません。だからこれは、行き止まりの袋小路です。
そして艮は、二陰の上に一陽があるので、そこから担ぎあげる、持ち上げる、運ぶ等意味も出て来ます。
丁度一陽の両端を、人が担いでいる形です。

他には例えば、易経の艮為山の卦辞「其の背に艮まり、其の身を獲ず。其の庭に行きて其の人を、見ず。咎なし」から背と言う意味が出てます。また人体で高い部分を艮とします。例えば鼻なんかもそうです。
また、艮の場所は、東北で夜と昼の継目の場所だから継目、それが体だと関節、腰になります。
この艮も坤から派生した八卦です。
八白は、この艮を良く理解する必要があります。陽爻も一番下にいたら、動いて押さえつけられ、一番上に出たら動きを止める様です。
まあ、八白は、とりあえず、変化、止まる、親戚、身内、位牌、箪笥、ホテル、家、心変わりなんかを抑えておけば、いいよではないでしょうか?

公式LINE 友達ボタン

友だち追加

気学十二支,方位,,易経

Posted by 朱烈