合と害

2020年8月6日

十二支の関係で六合と害がありますが、この関係は、合が十二支の仲の良い関係だとしたら、その仲の良い相手の対冲に仲の悪い相手がいて、その仲の悪い相手は、自分にとっても仲の悪い相手と言いましょうか、
そんな関係です。
だから例えば
子と丑は合、そして丑の対冲は未、だから子と未は害となる。
丑と子は合、そして子の対冲は午、だから丑と午は害となる。
寅と亥は合、そして亥の対冲は巳、だから寅と巳は害となる。
卯と戌は合、そして戌の対冲は辰、だから卯と辰は害となる。
辰と酉は合、そして酉の対冲は卯、だから辰と卯は害となる。
巳と申は合、そして申の対冲は寅、だから巳と寅は害となる。
午と未は合、そして未の対冲は丑、だから午と丑は害となる。
未と午は合、そして午の対冲は子、だから未と子は害となる。
申と巳は合、そして巳の対冲は亥、だから申と亥は害となる。
酉と辰は合、そして辰の対冲は戌、だから酉と戌は害となる。
戌と卯は合、そして卯の対冲は酉、だから戌と酉は害となる。
亥と寅は合、そして寅の対冲は申、だから亥と申は害となる。
と言う事です。