中宮星と吊宮星の関係を本来は見ます。

2020年8月5日

気学で、あまり見ないのが中宮星と吊宮星の関係です。

気学では、どちらかと言うと宮と吊宮星の関係や本命と吊宮星の関係を重視しますが、中宮の星が八宮を支配しているのだから、各宮の星が中宮星の影響を受けていると考えてもおかしく有りません。

ですから、吊宮星の強弱を考えた場合、この考え方も必要ではないのでしょうか?
三白宝海にも出ています。
中宮の星と同じ五行の星が、旺気
中宮の星が生じる五行の星が、生気
中宮の星を生じる五行の星が、泄気
中宮の星を剋す五行の星が、殺気
中宮の星に剋される五行の星が、死気
五黄は、関殺
とします。
現在気学で言われている生気、退気、比和、死気、殺気とは、考え方が多少違います。
どっちかと言うと風水の見方ですかね。
それと、こう言う色々なものが省かれたものが気学でもあるのです。

干支九星気学

Posted by 朱烈